石油 | 2019年02月08日 00:18 JST

〔NY石油〕WTI、もみ合い(8日午前)

 【ニューヨーク時事】8日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、新規の手掛かり材料に乏しい中、もみ合い商状となっている。米国産標準油種WTIの中心限月3月物は午前9時50分現在、前日清算値比0.04ドル高の1バレル=52.68ドル。  前日の相場は清算値水準で2%超下落。ユーロ圏の経済成長見通しが引き下げられたことなどを背景に世界的な景気減速懸念が再燃したため、売りが優勢となっていた。この日朝方はその反動から原油買いが先行。外国為替市場でドルが対ユーロで軟化に転じ、ドル建てで取引される原油などの商品に割安感が生じたことも原油買いを後押しした。  ただ、米中通商協議の行方に不透明感が広がる中、この日の米株価が下落して始まると、株式と並んでリスク資産である原油にも下押し圧力がかかり、売り買いが交錯する展開となっている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.25
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 9月限 850.6 -3.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0089
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0