石油 | 2019年03月16日 04:57 JST

〔NY石油〕WTI、小反落(15日)

 【ニューヨーク時事】週末15日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、利益確定売りが優勢となり、小反落した。米国産標準油種WTIの中心限月4月物の清算値は前日比0.09ドル(0.15%)安の1バレル=58.52ドルとなった。週間では4.37%高。5月物の清算値は0.09ドル安の58.82ドルだった。  前日発表の石油輸出国機構(OPEC)月報で、加盟国の2月の産油量が一段と減少していたことが明らかになり、15日未明に一時58.95ドルまで上昇し、年初来高値を付けた。その後は利益確定売りに押され、午前中に57.74ドルまで下落した。朝方発表された2月の米鉱工業生産指数が市場予想を下回る軟調な結果だったことも重しとなった。  ただ、終盤にかけて下げ幅を縮小。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが午後に公表した同日までの1週間の石油掘削リグ稼働数が前週比1基減の833基と、4週連続で減少したことも支援材料となった。  ▽ガソリン=反発。中心限月4月物の清算値は0.82セント高の1ガロン=185.77セント。  ▽ヒーティングオイル=2日続落。4月物の清算値は1.72セント安の196.77セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.03 +0.08
NYMEX金先物 4月限 1306.5 -2.5
NYMEXプラチナ先物 4月限 852.6 +4.7
NYMEXガソリン 3月限 1.8931 +0.0002
WTI ・・・ 59.07 +0
シカゴコーン ・・・ 371.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 904 -1.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0