石油 | 2019年03月20日 04:32 JST

〔NY石油〕WTI、ほぼ横ばい(19日)

 【ニューヨーク時事】19日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、需給均衡への期待を背景に買いが先行したものの、利食い売りに押され、ほぼ横ばいとなった。米国産標準油種WTIの中心限月4月物の清算値は前日比0.06ドル(0.10%)安の1バレル=59.03ドル。5月物は0.09ドル安の59.29ドルとなった。  石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国による生産調整の履行状況を点検している合同閣僚監視委員会(JMMC)は18日、今年下半期の生産目標を6月25日の会合で決定するよう勧告した。当初は4月17、18両日の臨時会合で今後の目標が決定されると見込まれていたが、JMMCの勧告により6月への変更が事実上確定。これを受けて、現行の協調減産が少なくとも6月末まで続けられるとの観測が強まった。またロイター通信によると、アゼルバイジャンのエネルギー省はこの日、ベネズエラ石油相の話として同国が主要輸出先であるインドへの石油輸出を停止していると発表。米国の制裁により、ベネズエラからの供給が滞るとの懸念も支援材料となり、相場は早朝には一時59.57ドルまで上昇した。  ただ、前日に清算値ベースで約4カ月ぶりの高値を更新した反動からその後は利食い売りが台頭。昼前には上げ幅を一掃した。  △ガソリン=3営業日続伸。4月物の清算値は1.03セント高の1ガロン=189.31セント。  △ヒーティングオイル=続伸し、4月物の清算値は2.14セント高の1ガロン=199.04セントとなった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.78 +0.01
NYMEX金先物 8月限 1423.3 +1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.6 +4.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8787 +0.0051
WTI ・・・ 56.47 +0
シカゴコーン ・・・ 436 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 882.5 -1
シカゴコーヒー ・・・ 105.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0