石油 | 2019年03月21日 04:52 JST

〔NY石油〕WTI、反発(20日)

 【ニューヨーク時事】20日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内の在庫急減を受けて供給過剰懸念が和らぐ中、反発した。米国産標準油種WTIの中心限月4月物の清算値は前日比0.80ドル(1.36%)高の1バレル=59.83ドル。5月物の清算値は0.94ドル高の60.23ドルとなった。  米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した15日までの1週間の米国内原油在庫は前週比960万バレル減と、市場予想(ロイター通信調べ)の30万バレル増に反して大幅な取り崩しとなった。ガソリン在庫も460万バレル減、ディスティレート(留出油)在庫も410万バレル減と、予想を大幅に上回る取り崩し。これを受けて、米国内の原油・石油精製品の供給過剰懸念が後退したことから買いが活発化、原油相場はプラス圏に浮上した。  一方、米連邦準備制度理事会(FRB)はこの日午後に連邦公開市場委員会(FOMC)声明と経済・金利見通しを発表。景気減速への警戒感を強める姿勢を前面に出し、今年の利上げ想定回数を従来の2回から「ゼロ」に下方修正した。外国為替市場では、FOMCの結果発表をきっかけにドル売り・ユーロ買いが進行。ドル建てで取引される原油などの商品に割安感が生じたことで相場は一段高となり、4月物は一時、中心限月としては約4カ月ぶりとなる60ドル台に乗せた。  △ガソリン=4営業日続伸。4月物の清算値は2.35セント高の1ガロン=191.66セント。  △ヒーティングオイル=3営業日続伸した。4月物の清算値は1.77セント高の1ガロン=200.81セントとなった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.76 +0.24
NYMEX金先物 4月限 1272.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 4月限 886.8 +7.4
NYMEXガソリン 4月限 2.0418 +0.0282
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 879 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 90.7 +3.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0