石油 | 2019年03月21日 22:56 JST

〔NY石油〕WTI、もみ合い(21日午前)

 【ニューヨーク時事】21日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、もみ合いとなっている。この日から新たに中心限月に繰り上がった米国産標準油種WTIの5月物は午前9時35分現在、前日清算値比0.09ドル安の1バレル=60.14ドルで推移している。  前日の原油先物相場は、米原油在庫の大幅な取り崩しや対ユーロでのドル安進行を背景に反発。中心限月ベースとしては約4カ月ぶりに一時60ドル台を回復していた。この日は高値警戒感が高まる中、利益確定の売りやポジション調整目的の売りが出やすくなっており、上値が抑えられている。  ただ、石油輸出国機構(OPEC)が現行の協調減産を少なくとも6月末まで続けるとの観測が広がっている上、米国による制裁でイランやベネズエラの供給が滞るとの懸念も根強く、相場の下値も堅い。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 +0.08
NYMEX金先物 7月限 1341.7 -0.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 -1.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 +0.0029
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +0
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 96 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0