石油 | 2019年03月23日 09:49 JST

〔NY石油〕WTI、続落=需要の先細り警戒(22日)☆差替

 【ニューヨーク時事】週末22日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、世界景気の減速に伴うエネルギー需要の先細りを警戒した売りなどに続落した。米国産標準油種WTIの中心限月5月物の清算値は、前日比0.94ドル(1.57%)安の1バレル=59.04ドル。週間では0.89%高となった。6月物は0.91ドル安の59.29ドル。  この日発表された3月のドイツとフランスの製造業購買担当者景況指数(PMI)がともに市場予想を下回ったことをきっかけに、この日未明の外国為替市場ではドル買い・ユーロ売りが急速に進行。ドル建てで取引される原油先物は割高感に圧迫され、60ドル近辺の高値水準から大きく値を消した。加えて、朝方に発表された3月の米PMI(総合)速報値も予想以上に低下。米国内外の指標悪化を受け、米中貿易摩擦などを背景に世界経済が減速するとの見方がエネルギー商品需要の先細り懸念につながり、昼ごろには一時58.28ドルまで沈み込んだ。  ただ、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが午後に公表した統計では、同日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数が前週比9基減の824基と5週連続のマイナスとなった。これを受け、米国内での生産拡大に対する警戒感が幾分和らいだため、相場はあと下げ幅を縮小した。  ▽ガソリン=6営業日続伸。中心限月4月物の清算値は0.56セント高の1ガロン=192.59セント。  ▽ヒーティングオイル=続落。4月物の清算値は2.12セント安の1ガロン=196.59セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.38 -0.24
NYMEX金先物 7月限 1411.5 -5.6
NYMEXプラチナ先物 7月限 816.6 -5.1
NYMEXガソリン 6月限 1.9704 -0.0102
WTI ・・・ 59.14 +0
シカゴコーン ・・・ 443.25 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 894.25 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 104.9 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0