石油 | 2019年03月25日 15:53 JST

〔東京石油〕中東産原油、WTI安映し大幅続落=製品は追随安(25日)

 中東産(ドバイ)原油は大幅続落。終値は、中心限月8月先ぎりが前週末比1230円安の4万4220円、ほかは260~1230円安。日中立ち会いは、先週末のニューヨーク原油(WTI)相場が世界経済の減速に伴う需要の鈍化懸念を背景に下落した流れを受け継ぎ、売りが先行して始まった。その後は下げ幅を拡大する場面があったものの、WTIの下落と円相場の上昇がともに一服したことから、下げ渋った。  石油製品(バージ)も原油になびき安い。納会を迎えた4月当ぎりを除き、ガソリンが1210~1440円安、灯油が1150~1300円安で取引を終えた。当ぎりは、ガソリンが1190円安の5万6660円、灯油が1280円安の6万2020円で限月落ちした。  中京石油(ローリー)は当ぎりを除き、ガソリンが500円安~100円高、灯油が1500~3000円高。ガソリンの6、7月きりと灯油の7月きりは出合いがなかった。当ぎりの納会値は、ガソリンが800円安の5万9400円、灯油が1530円安の6万2360円。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.93 -0.04
NYMEX金先物 7月限 1340 +7
NYMEXプラチナ先物 7月限 794.6 +4.4
NYMEXガソリン 6月限 1.6908 -0.0126
WTI ・・・ 51.89 +0
シカゴコーン ・・・ 454.75 -5.25
シカゴ大豆 ・・・ 912.75 -2.5
シカゴコーヒー ・・・ 95.5 -0.55
CRB商品指数 ポイント 0 +0