石油 | 2019年04月23日 23:08 JST

〔NY石油〕WTI堅調、66ドル台前半(23日午前)

 【ニューヨーク時事】23日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、世界石油市場の供給逼迫(ひっぱく)懸念が広がる中、堅調に推移している。この日中心限月に繰り上がった米国産標準油種WTI6月物は午前9時50分現在、前日比0.73ドル高の1バレル=66.28ドル。  米政府が前日、イラン産原油禁輸の適用除外措置を5月2日以降は延長しないと発表したことを受け、相場は約半年ぶりの高値で前日の清算値を確定。その後も国際石油市場の供給逼迫(ひっぱく)懸念を背景とした買いは続き、この日未明には66ドル台に乗せた。  この決定後、トランプ米大統領は「サウジアラビアと他の石油輸出国機構(OPEC)加盟国は、今回のイラン産原油の全面制裁で生じる原油供給の変化を補う以上のことができるだろう」とツイート。サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相も十分な原油供給確保に向け、他の産油国と協調する意向を示したため、早朝以降は一時利益確定の売りが台頭。イラン産原油を輸入する中国が制裁に強く反対しており、全面禁輸に至らない可能性が取り沙汰されていることも上値を抑えていたが、朝方には一転して再び買いが優勢となっている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.3 +0.46
NYMEX金先物 7月限 1426.1 +10.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 845.2 +12.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8342 +0.0108
WTI ・・・ 55.05 +0
シカゴコーン ・・・ 424.5 +7.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.25 +19.75
シカゴコーヒー ・・・ 107.15 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0