石油 | 2019年06月12日 22:33 JST

〔NY石油〕WTI、反落(12日午前)

 【ニューヨーク時事】12日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内の供給過剰懸念や世界的な需要先細り観測などを背景に反落している。米国産標準油種WTIの中心限月7月物は午前9時15分現在、前日清算値比1.05ドル安の1バレル=52.22ドル。  米石油協会(API)が11日夕に発表した7日までの1週間の国内原油在庫は前週比490万バレル増と、50万バレル減の市場予想(ロイター通信の拡大版調査)に反し、大幅な積み増しとなった。予想外に在庫が急増したことを受け、米国内の供給過剰懸念が再燃。原油相場は早朝に一時51.46ドルまで下落した。朝方に若干安値拾いの買いが入ったものの、米エネルギー情報局(EIA)による在庫週報の公表を控えて警戒感が広がる中、マイナス圏で推移している。  また、EIAが前日発表した月報で、2019年の世界の原油需要見通しについて伸びが日量平均120万バレルにとどまると予想し、前月時点から20万バレル下方修正したことも、なお相場の下押し要因となっている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.28 +0.23
NYMEX金先物 6月限 1339.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 809.4 -6.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7199 +0.0145
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 442 +11.25
シカゴ大豆 ・・・ 888 +9.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.1 -1.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0