石油 | 2019年07月16日 08:55 JST

〔東京石油〕中東産原油、WTI安受け8日ぶり反落=製品もつれ安(16日朝)

 中東産(ドバイ)原油は8営業日ぶりに反落。中心限月12月先ぎりの始値は、前営業日比1070円安の4万1250円。ニューヨーク原油(WTI)相場が、中国景気の減速に伴う原油需要鈍化懸念などを背景に下落したのを受け、日中立ち会いは売りが先行して始まった。  石油製品(バージ)も原油につれ安。2020年1月先ぎりは、ガソリンが710円安の5万1960円、灯油が860円安の5万9440円で寄り付いた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.17 +0.63
NYMEX金先物 8月限 1526.6 -1.4
NYMEXプラチナ先物 10月限 855.3 +10.3
NYMEXガソリン 8月限 1.6428 +0.0194
WTI ・・・ 54.05 +0
シカゴコーン ・・・ 359.75 +1.25
シカゴ大豆 ・・・ 843.25 +12.75
シカゴコーヒー ・・・ 92.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0