石油 | 2019年07月17日 00:10 JST

〔NY石油〕WTI、小幅高=EIA週報で値削る(17日午前10時40分)

 【ニューヨーク時事】17日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米エネルギー情報局(EIA)の在庫週報などを受けて値を削りながらも小幅高で推移している。米国産標準油種WTI中心限月8月物は午前10時40分現在、前日清算値比0.17ドル高の1バレル=57.79ドル。  EIAの統計によると、最新週の原油在庫は前週比310万バレル減と、市場予想(ロイター通信拡大版調査)の270万バレル減を上回る取り崩し幅となった。一方、ガソリン在庫は90万バレル減の予想に反し360万バレル増と、大幅な積み増しだった。また、ディスティレート(留出油)も60万バレル増の予想に対し、570万バレル増となった。この週報を受けて、原油相場は一時売り買いが交錯。ただ、その後は再びプラス圏で推移してる。イランをめぐる地政学的リスクやドルが対ユーロで弱含んでいることに伴う割安感が相場を下支えしているもようだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.17 +0.49
NYMEX金先物 8月限 1526.6 -1.4
NYMEXプラチナ先物 10月限 855.3 +8.5
NYMEXガソリン 8月限 1.6428 +0.0125
WTI ・・・ 54.05 +0
シカゴコーン ・・・ 359.75 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 843.25 +13.5
シカゴコーヒー ・・・ 92.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0