石油 | 2019年11月08日 23:53 JST

〔NY石油〕WTI、反落(8日午前)

 【ニューヨーク時事】週末8日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米中貿易協議の進展期待が後退する中、反落している。米国産標準油種WTIの中心限月12月物は午前9時15分現在、前日清算値比0.97ドル安の1バレル=56.18ドル。  米当局者は7日、米中両国が互いの輸入品に課している追加関税を段階的に撤廃することで一致したとする中国政府の発表に対して、否定的な見解を示した。これを受けて、楽観ムードが広がっていた米中の「第1段階」合意署名に向けた交渉の先行きに懐疑的な見方も浮上。貿易摩擦の長期化を背景としたエネルギー需要鈍化への懸念が再燃する中、未明から原油売りが加速し、相場は一時56.05ドルまで下落した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 58.58 -0.39
NYMEX金先物 12月限 1463.6 +1
NYMEXプラチナ先物 1月限 917.5 -7.6
NYMEXガソリン 11月限 1.7044 -0.0027
WTI ・・・ 58.31 +0
シカゴコーン ・・・ 368.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 901 +0
シカゴコーヒー ・・・ 115.25 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0