貴金属 | 2015年08月11日 01:24 JST

〔ロンドン金〕続伸=1100ドル台回復(10日)

 【ロンドン時事】週明け10日のロンドン自由金市場の金相場は、取引終盤にかけてド ル安などを背景に買われて続伸、前週末終値比6.50ドル高の1オンス=1103.3 5ドルと、1100ドル台を回復して終了した。  CMCマーケッツのアナリスト、ジャスパー・ローラー氏は、「金は狭いレンジ内で値 を上げた」と指摘。「全般の地合いに変化はないが、若干売られすぎと見られ始めたよう だ」と語った。  金は1097.045ドルで寄り付いた後、午前は1094.80ドルで値決めされた。 午後の値決めは1097.00ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 48.97 +0.36
NYMEX金先物 5月限 1263.7 +3.5
NYMEXプラチナ先物 6月限 948.4 -0.1
NYMEXガソリン 5月限 1.5543 -0.0062
WTI ・・・ 49.26 +0
LME銅先物 3ヶ月 5715.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1964.5 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9230.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 362 -4.25
シカゴ大豆 3ヶ月 945.75 -1.5
シカゴコーヒー 3ヶ月 126.7 -0.4
CRB商品指数 ポイント 180.4906 +0