貴金属 | 2015年10月07日 06:20 JST

〔NY金〕3日続伸(6日)

 【ニューヨーク時事】6日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロでのドル安などを背景に買われ、3営業日続伸した。中心限月12月物の清算値は前日比8.80ドル高の1オンス=1146.40ドルとなった。  外国為替市場では、対ユーロでドル安が先行。ドル建てで取引される金塊などの商品の割安感につながり、買いを誘った。米国の利上げ時期が予想されていたよりも後ずれするとの観測も引き続き相場を支えた。  この日は、テクニカル要因による強気筋の買いも入ったもよう。また、ロシアの戦闘機によるトルコの領空侵犯を受け、国際情勢が緊迫化したことから、安全資産とされる金に買いが集まったとの見方もあった。  金塊現物相場は午後2時27分現在、9.880ドル高の1147.375ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.78 +0.03
NYMEX金先物 8月限 1276.9 +6.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 974.5 +8.5
NYMEXガソリン 8月限 1.5638 +0.0019
WTI ・・・ 46.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 921.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 130.95 +0
CRB商品指数 ポイント 176.3051 +0