貴金属 | 2015年11月26日 01:33 JST

〔ロンドン金〕小反落(25日)

 【ロンドン時事】25日のロンドン自由金市場の金塊相場は小反落。1オンス=107 2.375ドルと、前日終値比2.57ドル安で引けた。 朝方は前日のトルコ軍による ロシア軍機撃墜事件を受けたリスク回避の買いが優勢だったものの、次第にドル高を嫌気 した売りが強まり、小幅安で引けた。午後に発表された10月耐久財受注などの各種米指 標が底堅い内容で、米12月利上げが改めて意識されたことも売りにつながった。  IGグループのアナリスト、アリスター・マッケイグ氏は「『安全資産への逃避』がま ったく見当違いの方向に行っている」と述べた。  金塊は、1078.845ドルで寄り付き、午前は1072.20ドルで値決めされた。 午後の値決めは1068.00ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.58 +0
NYMEX金先物 12月限 1282.6 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 879.8 +0
NYMEXガソリン 10月限 1.8982 +0
WTI ・・・ 68.82 +0
シカゴコーン ・・・ 357.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 894.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 113.95 +1.35
CRB商品指数 ポイント 0 +0