貴金属 | 2016年09月23日 13:51 JST

〔週間見通し〕NY金、レンジ相場続くか=日産証券・菊川氏

 ▽菊川弘之・日産証券主席アナリスト=米連邦公開市場委員会(FOMC)というイベントを終え、市場はドル安・金高で反応している。ニューヨーク金先物相場の中心限月12月きりは1300ドルでのサポートが認識され、強い支持線となりつつある。ただ、米利上げ見送りでも1350ドルの心理的節目を超えられなかったことで、上値は重く、来週のNY金は1300~1350ドルのレンジ相場が続きそうだ。  NY金が1350ドルを上抜けるには為替相場の1ドル=100円割れといった材料が必要だが、100円を超える円高局面では口先、実弾を含めた介入警戒感が強い。来週は、買方の中国も国慶節を前に動きにくい状態になる。このところNY金はNYダウとの相関を強めているが、大きな動きがない限り、元の逆相関に戻ることはないだろう。  FOMCを終えたことで、焦点は米大統領選に移りつつある。来週は26日に米大統領選の第1回テレビ討論があり、波乱が起こるか見極めたいところだ。このほか、28日にはイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言が予定されており、注目材料だ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.54 +3.74
NYMEX金先物 6月限 1267.2 +3
NYMEXプラチナ先物 7月限 863.2 +15.5
NYMEXガソリン 6月限 2.0123 +0.0588
WTI ・・・ 68.82 +0
シカゴコーン ・・・ 357 +0
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +16
シカゴコーヒー ・・・ 113.95 +1.35
CRB商品指数 ポイント 0 +0