貴金属 | 2017年01月18日 01:35 JST

〔ロンドン金〕続伸(17日)

 【ロンドン時事】17日のロンドン自由金市場は、ドル相場の下落を好感して続伸し、金塊相場は前日終値比12.835ドル高の1215.295ドルで引けた。  金塊は高寄り後、狭いレンジをもみ合いながらじりじり上伸した。英CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は今後の見通しについて「トランプ氏の米大統領就任式を受けたドル相場の変動が金市場に大きく影響する可能性がある」と話した。  金塊は1211.565ドルで寄り付き、午前は1217.50ドルで値決めされた。午後の値決めは1216.05ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.5
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +5.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0435
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0