貴金属 | 2017年03月16日 16:52 JST

〔インサイト〕金現物、上伸=緩やかな米利上げ観測で1週間ぶり高値(16日)

 欧州時間16日朝の金現物相場は上伸し、1週間ぶりの高値を付けている。米連邦準備制度理事会(FRB)が年内の利上げに対して慎重姿勢を示したことを受けて、ドルが1カ月ぶりの安値に下落したことを映した。  FRBは15日、昨年12月以来の利上げを決定。年内はさらに2回、2018年は3回の利上げを行うとの見通しを堅持した。イエレンFRB議長は、インフレが目標とする2%を上回ったとしても、緩やかな利上げペースを維持する意向を示した。  金現物相場は0623GMT(日本時間午後3時23分)時点で、0.6%高の1オンス=1226.21ドル。一時1226.95ドルと7日以来の高値を付けた。  INTL・FCストーンのアナリスト、エドワード・メイア氏は「イエレン氏は将来の利上げが『緩やか』なものになると強調し、このキーワードによって、利上げ見通しがハト派的な傾向を帯びた」と指摘した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 -0.24
NYMEX金先物 12月限 1245.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +7.2
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 -0.0081
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 989.75 -3
シカゴコーヒー ・・・ 120.6 +0
CRB商品指数 ポイント 184.471 +0