貴金属 | 2017年03月16日 06:01 JST

〔NY金〕小幅続落=FOMC後は急伸(15日)

 【ニューヨーク時事】15日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策決定を前に小幅続落し、中心限月4月物の清算値は前日比1.90ドル(0.16%)安の1オンス=1200.70ドルとなった。  相場は未明にかけて、ジリ高で推移。外国為替市場でドルがユーロに対して軟化し、ドル建て商品の金塊には割安感から買いが入りやすい地合いとなっていた。また、オランダ下院選の投票が始まり、イスラム系移民排斥を主張する極右・自由党(PVV)の躍進を警戒した安全資産としての金需要にも支えられた。ただ、早朝以降は堅調な米経済指標の発表などをきっかけに再びマイナス圏に沈み、朝方には1200ドルの節目を割り込む場面もあった。  清算値確定後に公表された連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、FRBは大方の予想通り0.25%の利上げを決めたが、会合参加者らが示した最新の経済・金利見通しによると、年内の中心的な利上げ想定回数は昨年12月時点と同じ3回にとどまった。年4回に上方修正されなかったことが金利を生まない金塊には追い風となり、午後2時半現在は10.30ドル高の1212.90ドルに急伸している。  金塊現物相場は午後1時39分現在、1.010ドル安の1202.565ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 -0.25
NYMEX金先物 12月限 1245.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +7.2
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 -0.0091
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 989.75 -3
シカゴコーヒー ・・・ 120.6 +0
CRB商品指数 ポイント 184.471 +0