貴金属 | 2017年03月16日 06:55 JST

〔NY金市況・詳報〕金現物、急伸=FRBの声明受け(15日)

 【ニューヨーク、ロンドン・ロイターES=時事】15日の金現物相場は急伸し、1週間ぶり高値を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)が0.25%の利上げを決めたものの、緩やかな金融引き締めスタンスを維持したのを受けた。  FRBは声明で、一段の利上げは「緩やか」とし、今年はあと2回、来年は3回の利上げ見通しを堅持した。  これを受け、ドル指数は2週間ぶり低水準となり、金相場を押し上げた。ドル安はドル建ての金を割安とする。  金現物は1901GMT(日本時間午前4時01分)時点で、1.6%高のオンス当たり1217.81ドル。一時1219.36ドルと、7日以来の高値を付けた。  BMOキャピタル・マーケッツの非鉄・貴金属トレーディング部門ディレクター、タイ・ウォン氏は「金は1200ドル近辺を推移していたが、FRBの声明を受けて急伸した」と指摘。「FRBは利上げをできる限り緩やかな形にするという『甘い親』として振る舞うことに明らかに満足している」と話した。  金利上昇は、金利の付かない金保有の機会コストを高める。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 47.7 +0.27
NYMEX金先物 3月限 1246.9 +1.4
NYMEXプラチナ先物 3月限 963.1 +4.1
NYMEXガソリン 3月限 1.5896 +0.0152
WTI ・・・ 47.25 +0
LME銅先物 3ヶ月 5808.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1922.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 10020.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 356.75 -1
シカゴ大豆 3ヶ月 991 -15.5
シカゴコーヒー 3ヶ月 137.4 -3.1
CRB商品指数 ポイント 183.6431 +0