貴金属 | 2017年03月17日 15:44 JST

〔東京貴金属〕金、円軟化受け続伸=白金は反落(17日)

 金は続伸。終値は、中心限月2018年2月先ぎりが前日比5円高の4456円、ほかが4~6円高。日中立ち会いは、取引中のニューヨーク金先物相場と円相場が前日の東京市場大引け時点とほぼ同水準で推移し、決め手材料難から小動きで始まった。その後は、NY金が動意を欠く中、円がやや軟化したのを眺めて水準を切り上げたが、午後はもみ合いに終始した。  東京ゴールドスポット100は4円高の4471円。  銀は、約定した4月当ぎりと期先2限月が30~60銭安。  白金は反落。終値は、18年2月先ぎりが43円安の3483円、ほかが38~66円安。安寄りした後、取引中のNY相場の弱地合いを眺めて軟調に推移した。パラジウムは、約定した期近と期先の計4限月が9円安~1円高。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +8.2
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0159
WTI ・・・ 57.24 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 116.9 -2.25
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0