貴金属 | 2017年03月18日 06:55 JST

〔NY金〕小幅続伸(17日)

 【ニューヨーク時事】週末17日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米利上げペースが加速するとの懸念が一段と後退する中、買い地合いが継続し、小幅続伸した。中心限月4月物の清算値は前日比3.10ドル(0.25%)高の1オンス=1230.20ドル。  15日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの経済・金利見通しで年内の利上げ想定回数が3回に据え置かれたことを受け、この日も金利を生まない資産である金には買いが入りやすかった。ただ、週末とあって利益確定の売りも出やすく、相場の上値は重かった。  米民間有力調査会社コンファレンス・ボードが発表した2月の景気先行指標総合指数は前月比0.6%上昇と、市場予想(ロイター通信調べ)の0.4%上昇を上回った。また、3月のミシガン大学消費者景況感指数(暫定値)も前月の確報値から上昇したものの、相場の反応は限定的だった。  金塊現物相場は午後1時59分現在、3.600ドル高の1229.675ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +8.2
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0159
WTI ・・・ 56.95 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 116.9 -2.25
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0