貴金属 | 2017年04月01日 06:54 JST

〔NY金〕小反発(31日)

 【ニューヨーク時事】週末31日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、新規材料に欠ける中、持ち高調整などの買いが入り、小反発した。中心限月6月物の清算値は、前日比3.20ドル(0.26%)高の1オンス=1251.20ドル。  トランプ米政権の政策運営やフランス大統領選挙の行方に不透明感が漂う中、月末に伴うポジション調整目的の買いなどが入り、相場を支えた。ただ、この日は売り買いのきっかけとなる新規材料に欠け、午前中ごろからはレンジ内の商いにとどまった。朝方に発表された2月の個人消費支出など米経済指標は強弱まちまちの内容で、相場への影響は限定的だった。  金塊現物相場は午後1時50分現在、4.055ドル高の1249.000ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.15 +0.27
NYMEX金先物 1月限 1246.1 -0.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.1 -1.7
NYMEXガソリン 12月限 1.4204 +0.0062
WTI ・・・ 50.99 +0
シカゴコーン ・・・ 376.25 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 920 -1.75
シカゴコーヒー ・・・ 97.75 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0