貴金属 | 2017年04月11日 15:51 JST

〔東京貴金属〕金、円の引き締まり受け下落=白金は4カ月ぶり安値(11日)

 金は下落。終値は、中心限月2018年2月先ぎりが前日比16円安の4461円、ほかが10~20円安。日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が利食い売りに下落したほか、為替の円高・ドル安を受け、売りが先行して始まった。その後、NY相場と円相場が動意を欠く中、もみ合いとなったが、大引けにかけてNY相場が水準を切り上げたことから下げ幅を縮小した。ゴールドスポットは15円安の4476円で大引けた。  銀は、唯一約定した先ぎりが40銭安の63円70銭。  白金は続落。NY相場の下落を映し、18年2月先ぎりが51円安の3358円、ほかが51~64円安で取引を終えた。先ぎりは、継続足で昨年12月上旬以来、約4カ月ぶりの安値に沈んだ。プラチナスポットの終値は59円安の3367円。  パラジウムは軟調。期先3限月が33~48円安で終了した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 62.77 -0.1
NYMEX金先物 2月限 1330.6 +0.3
NYMEXプラチナ先物 4月限 999.4 -5.8
NYMEXガソリン 2月限 1.7657 -0.0083
WTI ・・・ 62.69 +0
シカゴコーン ・・・ 366.75 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 1032 +3.5
シカゴコーヒー ・・・ 121 +1.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0