貴金属 | 2017年04月19日 00:40 JST

〔ロンドン金〕4日続伸(18日)

 【ロンドン時事】連休明け18日のロンドン自由金市場は4営業日続伸し、金塊相場は連休前13日終値比1.935ドル高の1287.53ドルで引けた。  この日の金塊は1280ドル台を中心に推移。午後3時前にドル相場の戻りを嫌気して一時1280ドル台を割り込んだが、ほどなく切り返し、終盤には1290ドル台を試す展開となった。  ロンドン・キャピタル・グループのアナリスト、ヤスパー・ローラー氏は「金市場には幾分弱さも見られたが、引き続き地政学上の懸念が尽きない状況だ」と話した。  金塊は1283.945ドルで寄り付き、午前は1285.00ドルで値決めされた。午後の値決めは1278.95ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.04 +0.7
NYMEX金先物 8月限 1260 +8.3
NYMEXプラチナ先物 10月限 926.4 +9.2
NYMEXガソリン 7月限 1.6446 +0.0344
WTI ・・・ 49 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +1
シカゴ大豆 ・・・ 994.75 +5
シカゴコーヒー ・・・ 137.85 +1.9
CRB商品指数 ポイント 181.1419 +0