貴金属 | 2017年04月19日 07:55 JST

〔NY金市況・詳報〕金現物、上伸=ドル安で5カ月ぶり水準近く(18日)

 【ニューヨーク、ロンドン・ロイターES=時事】18日の金現物相場は上伸し、約5カ月ぶりの水準となった前日高値近くまで値を上げた。北朝鮮情勢をめぐる緊張や仏大統領選を前にした緊迫感、ドル安、米国債利回りの低下に相場は支えられた。  金現物は米東部時間午後3時12分(1912GMT)時点で0.6%高の1オンス=1291.98ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月きりの清算値は、0.2%高の1294.10ドル。  ドル指数は、朝方発表された米住宅着工件数が市場を失望させる内容だったことや日米経済対話をめぐる緊張感などから、3週間ぶりの水準に下落した。メイ英首相が前倒しでの総選挙実施方針を表明したことを受け、ポンドが上昇したこともドルの下押し要因となった。  サクソ銀行の商品戦略部門トップ、オレ・ハンセン氏は「短期的には下振れリスクがあるが、政治的な不透明感が金を下支えするだろう」と指摘。「円は引き続き強含むとみている。昨年11月以降、強い円と強い金が協調してきた」と述べた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 -0.23
NYMEX金先物 12月限 1245.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +7.6
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 -0.0081
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 989.75 -3
シカゴコーヒー ・・・ 120.6 +0
CRB商品指数 ポイント 184.471 +0