貴金属 | 2017年04月21日 06:17 JST

〔NY金〕ほぼ横ばい(20日)

 【ニューヨーク時事】20日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、外国為替市場や欧米株式市場の値動きを眺めて売り買いが交錯し、ほぼ横ばいとなった。6月物の清算値は前日比0.40ドル(0.03%)高の1オンス=1283.80ドル。  外為市場では未明からドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される金は割安感から買いが入りやすかったほか、チャート絡みの買いも見られた。ただ、投資家のリスク選好意欲が回復して欧米株が全面高となる中、安全資産とされる金の需要が後退したため、相場には売り圧力がかかった。  20日は日米財務相会談や20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が開かれるほか、23日にはフランス大統領選の第1回投票が予定されているため、様子見ムードも強かった。  金塊現物相場は午後1時50分現在、1.120ドル安の1279.855ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 42.74 +0.27
NYMEX金先物 6月限 1247.6 +8.6
NYMEXプラチナ先物 7月限 925.6 +3.8
NYMEXガソリン 6月限 1.4345 -0.0004
WTI ・・・ 42.84 +0
シカゴコーン ・・・ 362.75 -3.75
シカゴ大豆 ・・・ 904 +1.5
シカゴコーヒー ・・・ 120.25 +6.8
CRB商品指数 ポイント 166.5002 +0