貴金属 | 2017年04月22日 00:42 JST

〔ロンドン金〕続伸(21日)

 【ロンドン時事】週末21日のロンドン自由金市場は、23日のフランス大統領選第1回投票を控えてリスク回避資金が流入し、金塊相場は前日終値比3.36ドル高の1オンス=1285.885ドルと続伸して引けた。  この日の金塊はジリ高となり、高値圏で引けた。取引レンジは1270~1280ドル台。英IGグループのアナリスト、クリス・ボーチャン氏は「金塊相場は引き続き地政学的な懸念と先行き不透明感に支配されている」と話した。  金塊は1280.225ドルで寄り付き、午前は1281.50ドルで値決めされた。午後の値決めは1281.85ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.56 -0.04
NYMEX金先物 5月限 1265.4 -3.1
NYMEXプラチナ先物 4月限 954.6 -2.1
NYMEXガソリン 4月限 1.623 -0.0156
WTI ・・・ 49.2 +0
LME銅先物 3ヶ月 5655.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1946.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9260.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 365 +0.25
シカゴ大豆 3ヶ月 954.5 -2
シカゴコーヒー 3ヶ月 129.9 +0
CRB商品指数 ポイント 180.9318 +0