貴金属 | 2017年05月17日 06:10 JST

〔NY金〕5日続伸(16日)

 【ニューヨーク時事】16日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロでのドル安などを背景に買われ、5営業日続伸した。6月物の清算値は前日比6.40ドル(0.52%)高の1オンス=1236.40ドル。  外国為替市場ではドルがユーロに対して一時半年ぶりの安値を付けるなど、対ユーロでドル安が進行した。このため、ドル建てで取引される金塊などの商品に割安感が生じたことから、金塊が買われた。  また、トランプ米大統領がロシア側に機密情報を提供していたとの報道を受け、与野党から懸念や批判の声が上がっているため、大型減税策など重要法案の議会通過が一段と困難になるのではないかとの見方が広がり、安全資産とされる金が買い進まれた。北朝鮮情勢が緊迫化する中、大規模なサイバー攻撃が世界各地で発生したことも金相場を支える要因となった。  金塊現物相場は午後1時50分現在、7.120ドル高の1237.230ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 42.74 +0.12
NYMEX金先物 6月限 1247.6 +5
NYMEXプラチナ先物 7月限 925.6 +6
NYMEXガソリン 6月限 1.4345 +0.001
WTI ・・・ 42.52 +0
シカゴコーン ・・・ 362.75 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 904 +4.75
シカゴコーヒー ・・・ 115.5 +2.05
CRB商品指数 ポイント 166.5002 +0