貴金属 | 2017年05月19日 06:37 JST

〔NY金市況・詳報〕下落=ドル高受け利益確定(18日)

 【ニューヨーク、ロンドン・ロイターES=時事】18日の金現物相場は下落。ドルの反発を受け、前日の大幅な上げによる利益を確定する動きが進んだ。  金は17日、2%近く上昇。英国の欧州連合(EU)離脱決定時以来の上げ幅を記録した。トランプ米大統領が、ロシアの米大統領選介入疑惑をめぐる捜査に干渉しようとしたとの報に反応した。  BMOキャピタル・マーケッツのタイ・ウォン氏は「金が1247ドルまで下落したため、17日終盤の買い持ち勢は痛めつけられあた。ワシントンの情勢が明確化するには何カ月もかかるとの認識が広がり、株、ドルが多少反発した」と説明した。  金は米東部時間午後2時32分(1832GMT)時点で1.1%安の1オンス=1246.92ドル。一時、1245.40ドルと200日移動平均付近まで下落した。  ニューヨーク市場金先物6月きりの清算値は0.5%安の1252.80ドル。  ドル指数はこの日、米景気指標が予想を上回る内容だったことを受け、前日に付けた6カ月ぶり安値から反発した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.04 -0.49
NYMEX金先物 10月限 1279.9 +0
NYMEXプラチナ先物 10月限 921.9 -3.3
NYMEXガソリン 10月限 1.6429 +0.0005
WTI ・・・ 52 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 984.25 +3
シカゴコーヒー ・・・ 127.4 +3.1
CRB商品指数 ポイント 183.9923 +0