貴金属 | 2017年05月19日 12:33 JST

〔週間見通し〕NY金、弱含みか=楽天証券・吉田氏

 ▽吉田哲・楽天証券経済研究所コモディティアナリスト=来週のニューヨーク金先物相場は、イラン大統領選の結果と米国政治を材料に左右されそうだが、利食い売りに値位置を下げている現在の流れを引き継ぎ、弱含むとみている。中心限月6月きりは1220ドル近辺までの下げを見込んでいる。  イラン大統領選は、世論調査通りに穏健派の現職が勝てば、地政学リスクが弱まり、NY金にとって弱材料になる。また、トランプ米大統による機密情報の漏えいや捜査妨害などの報道を受け、政権運営能力に対する懸念が高まっているが、米大統領の巻き返しも予想され、そうなればドル買い・金売りが進む。  逆に、イラン大統領選で強硬派が勝ったり、米大統領の弾劾、罷免という方向になったりすれば、NY金は(節目の)1300ドルを目指しそうだ。イラン、米国の動向に左右されやすいムードになっている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 43.38 +0.33
NYMEX金先物 6月限 1246.3 +2.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 916.6 +2.6
NYMEXガソリン 6月限 1.4387 +0.0033
WTI ・・・ 43.21 +0
シカゴコーン ・・・ 359 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 906.75 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 123.3 +1.35
CRB商品指数 ポイント 168.5694 +0