貴金属 | 2017年06月19日 17:49 JST

〔インサイト〕金現物、軟調=4週間ぶり安値近辺(19日)

 欧州時間週明け19日朝の金現物相場は軟調。外為市場でドル高が進む中、4週間ぶり安値近辺で推移した。市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者の発言待ち。  ニューヨーク連銀のダドリー総裁が19日、講演する予定だ。アルゴノート・セキュリティーズのアナリスト、ヘレン・ラウ氏は「FRBが利上げに対して(引き締め容認の)タカ派的であることをダドリー総裁が認めれば、金相場はしばらくは回復できないだろう」と予想した。  金現物は0804GMT(日本時間午後5時04分)時点で、0.3%安のオンス当たり1249.61ドル。一時5月24日以来の安値となる1248.63ドルを付けた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 -0.26
NYMEX金先物 1月限 1246.5 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +6.7
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 -0.0077
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 989.75 -3.75
シカゴコーヒー ・・・ 120.6 +0
CRB商品指数 ポイント 184.471 +0