貴金属 | 2017年08月10日 13:34 JST

〔週間見通し〕NY金、北朝鮮情勢にらみじり高基調=日産証券・菊川氏

 菊川弘之・日産証券主席アナリスト=来週のニューヨーク金先物相場は北朝鮮情勢をにらみ、じり高基調になりそうだ。中心限月12月きりは1260~1310ドルを想定している。  今週は10日に7月の米卸売物価、11日に同消費者物価が発表されるが、原油安も続いており、強い結果が出にくい状況だ。弱い結果となれば、米利上げ観測は後退し、ドル安・金高となりやすい。  北朝鮮情勢をめぐっては、21日に米韓合同軍事演習、9月6日に北朝鮮建国記念日が予定されており、そこまでの道のりは緊張感が高まり、材料視されやすい。NY金は地政学リスクが下支えすることになるだろう。  また、16日には北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉も始まる。米側の保護貿易主義的な姿勢が強調されれば、ドル安に進みやすく、ドル建て金にとってはプラスになる。  来週は夏休み期間中でもあり、薄商いの中、値が飛びやすい。飛ぶとすれば、上方向だろう。(了)  ※18日は休信、次回配信は25日になります。 [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +8.2
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0159
WTI ・・・ 57.24 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 116.9 -2.25
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0