��������� | 2017年08月17日 00:32 JST

〔ロンドン金〕小反発(16日)

 【ロンドン時事】16日のロンドン自由金市場の金塊相場は小反発した。1オンス=1274.26ドルと、前日終値比3.065ドル高で引けた。  金塊相場は前日売られた反動で買い戻しが優勢になり、小反発して引けた。ただ、夏枯れの時期で積極的に売り買いする向きが少なかった上、北朝鮮情勢をめぐる緊張感の一服やドル高の進行を受けた売りも根強く、上値は重かった。  金塊は、1273.00ドルで寄り付き、午前は1270.15ドルで値決めされた。午後の値決めは1272.75ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.42 -0.01
NYMEX金先物 12月限 1275.3 +1.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 923.6 +6.3
NYMEXガソリン 11月限 1.7438 +0.0051
WTI ・・・ 56.16 +0
シカゴコーン ・・・ 345 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 990 -2
シカゴコーヒー ・・・ 123.05 +0.15
CRB商品指数 ポイント 189.2103 +0