貴金属 | 2017年09月13日 00:39 JST

〔ロンドン金〕3営業日続落(12日)

 【ロンドン時事】12日のロンドン自由金市場の金塊相場は3営業日続落した。1オンス=1326.595ドルと、前日終値比8.67ドル安で引けた。  金塊相場は終日軟調に推移した。北朝鮮問題やハリケーン「イルマ」への懸念が一服し、過度なリスク回避のムードが後退。前週末までは不測の事態を警戒した投資家が「安全資産」として金塊を買っていたが、週明け以降は持ち高を整理する動きが続いている。リスク回避で売られていたドルが買い戻され、ドル高が進んだことも金塊相場を圧迫している。  金塊は、1325.60ドルで寄り付き、午前は1326.25ドルで値決めされた。午後の値決めは1326.50ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.84 -0.85
NYMEX金先物 6月限 1289.6 +5.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 900.8 +7.4
NYMEXガソリン 5月限 2.2601 -0.0212
WTI ・・・ 71.8 +0
シカゴコーン ・・・ 408.5 +2.5
シカゴ大豆 ・・・ 1039.25 +8.25
シカゴコーヒー ・・・ 120.4 +1.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0