貴金属 | 2017年10月13日 16:51 JST

〔インサイト〕金現物、上昇=ドル安で(13日)

 13日の欧州時間朝方の金現物相場は、ドル安を背景に上昇。6営業日続伸となっている。投資家らは、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ見通しに関する手掛かりを得ようと、同国のインフレ関連指標待ち。  金現物は0657GMT(日本時間午後3時57分)時点で、0.3%高のオンス当たり1297.06ドル。一時9月26日以来の高値を付けた。  INTL・FCストーンのアナリスト、エドワード・メイア氏は「金相場については依然、若干慎重だ。欧州中央銀行(ECB)の次回理事会が近づき、年内にFRBの利上げが見込まれる中、一段高となるのはいささか難しい」と指摘した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +8.2
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0159
WTI ・・・ 57.24 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 116.9 -2.25
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0