貴金属 | 2017年11月02日 14:35 JST

〔週間見通し〕NY金、米利上げ見込み弱含みか=野村証券・大越氏

 ▽大越龍文・野村証券経済調査部シニアエコノミスト=来週のニューヨーク金先物相場は、12月の米利上げを見込んだ最終局面となり、弱含みの展開となりそうだ。中心限月12月きりは1250~1290ドルのレンジを予想している。  2日発表見通しの米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に、パウエルFRB理事が指名されれば、現状の金融政策が踏襲されるとの安心感から多少の戻りはあるだろう。ただ、3日発表の10月の米雇用統計はハリケーンの影響があった前月の反動で好調が予想される。1日の米連邦公開市場委員会会(FOMC)声明は12月の米利上げを示唆しており、雇用統計が無難な結果となれば、NY金は利上げに対しさらに織り込みが進み、弱基調となりそうだ。  来週は、注目される経済指標の発表が予定されていない。NY金は12月の利上げまで軟調地合いを強いられるとみている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.46 +0.85
NYMEX金先物 8月限 1224 +6.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 800.6 +25.9
NYMEXガソリン 7月限 2.0435 +0.0216
WTI ・・・ 69.37 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +3.25
シカゴ大豆 ・・・ 846 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 111 +2.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0