��������� | 2017年11月21日 17:05 JST

〔インサイト〕金現物、上昇=FOMC議事要旨控え(21日)

 欧州時間21日朝の金現物相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を翌日に控え、上昇。議事要旨から追加利上げペースの手掛かりが得られる可能性がある。  金現物相場は0553GMT(日本時間午後2時53分)時点で、0.2%高の1オンス=1279.21ドル。前日は約1.4%安と、一日の下落率として9月11日以来の大きさとなった。  OCBCのアナリスト、バルナバス・ガン氏は「12月の追加利上げがほぼ決定済みであることを考えると、12月以降についての連邦準備制度理事会(FRB)の文言がより注目されるだろう」と指摘した。  イエレンFRB議長は20日、後任のパウエル氏が就任宣誓をした時点で、理事職も辞任する意向を示した。  ゴールドシルバー・セントラル(シンガポール)のロー・ムン・チュン氏は「イエレン氏が理事を辞任するという決定は、若干不確実性を高める要因になる」と述べた。  ロイター通信のテクニカル・アナリスト、ワン・タオ氏は、金は1274ドルの下値支持線を割り込み、10月6日に付けた1260.16ドルに向かって下げる可能性があるとの考えを示した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 +0.8
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 -0.1
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0186
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.8 +0.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0