貴金属 | 2017年12月06日 01:40 JST

〔ロンドン金〕続落(5日)

 【ロンドン時事】5日のロンドン自由金市場の金塊相場は続落した。1オンス=1263.72ドルと、前日終値比11.25ドル安で引けた。これは8月8日以来約4カ月ぶりの安値。  米税制改革案への期待感からドルが強含みで推移する中、金塊相場はこの日も軟調に推移した。CMCマーケッツのアナリスト、デビッド・マッデン氏は「ドル高が金の売りを誘っている。200日移動平均線を試す展開だ」と述べた。  金塊は、1275.575ドルで寄り付き、午前は1275.90ドルで値決めされた。午後の値決めは1266.30ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +8.2
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0159
WTI ・・・ 57.24 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 116.9 -2.25
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0