貴金属 | 2017年12月07日 01:41 JST

〔ロンドン金〕3日続落(6日)

 【ロンドン時事】6日のロンドン自由金市場の金塊相場は小幅ながら3日続落した。1オンス=1263.265ドルと、前日終値比0.455ドル安で引けた。  金塊相場は午前中までおおむね小じっかりで推移していたが、午後は対ユーロなどのドル高を受けた売りに押され、小幅安で引けた。  サクデン・フィナンシャルのアナリスト、ジョーディー・ウィルケス氏は「きょうはドル高に押された。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ決定は織り込み済みだが、これがドルを支える一因になり、金塊を短期的に圧迫している」と指摘。ただ、「サポートレベルの1260ドルが近づくと買いが入っている。トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの首都と認め、大使館を移すという報道を受けて中東情勢への警戒感が広がり、『安全資産』とされる金塊を買う動きも出ているようだ」と語った。  金塊は、1267.655ドルで寄り付き、午前は1268.55ドルで値決めされた。午後の値決めは1263.70ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.65 +0.72
NYMEX金先物 10月限 1226.5 +0
NYMEXプラチナ先物 10月限 827.8 +4.6
NYMEXガソリン 10月限 1.8911 +0.0256
WTI ・・・ 69.11 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 -4.5
シカゴ大豆 ・・・ 863.5 -7.25
シカゴコーヒー ・・・ 121.65 -0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0