貴金属 | 2017年12月07日 06:20 JST

〔NY金〕小反発(6日)

 【ニューヨーク時事】6日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は小反発した。中心限月2月物の清算値は前日比1.20ドル(0.10%)高の1オンス=1266.10ドル。  前日の清算値が約4カ月ぶりの安値を付けた反動から安値拾いの買いが入ったほか、ショートカバーが入った。ただ、米税制改革の審議の行方や、週末発表の米雇用統計の内容を見極めたいとの見方から積極的な買いも手控えられ、金塊は伸び悩む展開となった。  オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が発表した11月の全米雇用報告は、非農業部門就業者数が前月比19万人増と、市場予想(ロイター通信調べ)の18万5000人を上回ったが、相場の反応は限定的だった。  金塊現物相場は午後1時40分現在、1.300ドル高の1264.395ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +6.5
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +4.6
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 +0.0138
WTI ・・・ 56.95 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +3.25
シカゴコーヒー ・・・ 119.15 +0
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0