貴金属 | 2017年12月08日 01:28 JST

〔ロンドン金〕4日続落(7日)

 【ロンドン時事】7日のロンドン自由金市場の金塊相場は4日続落した。1オンス=1254.205ドルと、前日終値比9.06ドル安で引けた。  中東情勢の緊迫化を警戒したリスク回避の動きがこの日はひとまず一服し、金塊相場は終日売りに押される展開だった。オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「金塊は重要なサポートレベルの1260ドルを割り込んでしまった。ドルの反発とリスク選好意欲の回復がきっかけだ。次の節目は1240ドルで、そこを割り込むと1200ドルが見えてくる」と話した。  金塊は、1258.35ドルで寄り付き、午前は1256.80ドルで値決めされた。午後の値決めは1255.00ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 +0.79
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 +0.4
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0201
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.8 +0.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0