��������� | 2018年01月18日 07:04 JST

〔NY金市況・詳報〕金現物、4カ月ぶり高値圏維持=ドル安で(17日)

 【ニューヨーク、ロンドン・ロイターES=時事】17日の金現物相場は、ほぼ横ばい。ただ、主要通貨に対するドル安を受け、約4カ月ぶりの高値圏での取引となった。  金現物は米東部時間午後1時58分(1858GMT)時点で、0.1%高の1オンス=1339.44ドル。金相場は15日、昨年9月8日以来の高値となる1344.44ドルを付け、17日も高値圏を維持した。  先物2月きりの清算値は2.10ドル(0.2%)高の1339.20ドルだった。  米国グローバル・インベスターズの主任トレーダー、マイケル・マトゥセク氏は「ユーロの対ドルでの値動きが金を動かしている」と指摘した。  ドル指数が主要通貨に対して3年ぶりの低水準に下落したことを受け、金は昨年12月半ば以降、8%上昇した。  TDセキュリティーズ(カナダ・トロント)の商品ストラテジスト、ダニエル・ガーリ氏は「当面は昨年の高値の1357ドル近辺を目指す展開になりそうだ」と述べた。  三菱商事のアナリスト、ジョナサン・バトラー氏は、米議会が政府機関の閉鎖を回避するためのつなぎ予算法案を期限の19日までに成立させられなければ、金が上昇する可能性があるとの見方を示した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.09 -0.12
NYMEX金先物 2月限 1340.1 +1.9
NYMEXプラチナ先物 3月限 819.4 +3
NYMEXガソリン 2月限 1.5638 -0.0063
WTI ・・・ 56.07 +0
シカゴコーン ・・・ 369.75 +3.5
シカゴ大豆 ・・・ 900.75 -0.5
シカゴコーヒー ・・・ 97.45 +0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0