貴金属 | 2018年02月09日 15:41 JST

〔東京貴金属〕金、円高重しに5日続落=白金族も軟調(9日)

 金は5営業日続落。中心限月12月先ぎりは前日比9円安の4608円で取引を終えた。ほかは、3~11円安。日中立ち会いは、為替の円高・ドル安を受け、売り先行で始まった。寄り後は、取引中のニューヨーク金先物相場の軟調地合いと円の引き緩みで方向性がつかみづらく、日中始値付近でもみ合った。ゴールドスポットは、8円安の4615円。  銀は、4円20銭安~40銭高とまちまち。  白金は続落。安寄り後、円の軟化を眺めて、下げ幅を縮めた。12月先ぎりは39円安の3406円、ほかは18~38円安。プラチナスポットは、31円安の3404円。  パラジウムは、42~100円安で大引けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.43 +0.67
NYMEX金先物 9月限 1187.8 +5.2
NYMEXプラチナ先物 9月限 792.5 +7.2
NYMEXガソリン 8月限 2.0151 +0.0116
WTI ・・・ 66.45 +0
シカゴコーン ・・・ 362 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.75 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.45 +0.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0