貴金属 | 2018年02月13日 01:39 JST

〔ロンドン金〕反発(12日)

 【ロンドン時事】週明け12日のロンドン自由金市場の金塊相場は反発した。1オンス=1324.745ドルと、前週末終値比11.48ドル高で引けた。  金塊相場は朝から堅調に推移。欧米の株価上昇を受けて過度なリスク回避の買いは緩んだが、前週末までに売り込まれた反動もあり、買い戻しが優勢だった。シティー・インデックスのアナリスト、ファワド・ラザクザダ氏は「金はまだ安全な資産の逃避先として重要だ。株式市場はまだひどい状態にあるので、値を戻す可能性があると見ている」と述べた上で、当面の相場見通しについて「下は1300ドル、上は1325ドルと予想しており、1325ドルを上抜けすれば上昇基調になるだろう」と指摘した。  金塊は、1323.89ドルで寄り付き、午前は1321.70ドルで値決めされた。午後の値決めは1322.30ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0