貴金属 | 2018年02月14日 06:18 JST

〔NY金〕続伸(13日)

 【ニューヨーク時事】13日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドルが対ユーロで下落したことなどを受けて買われ、続伸した。中心限月4月物の清算値は前日比4.00ドル(0.30%)高の1オンス=1330.40ドル。  この日の外国為替市場ではドル売り・ユーロ買いが優勢となり、ドル建てで取引される金は割安感から買われやすかった。また、欧州株がほぼ全面安となり、米株相場も昼すぎまで軟調に推移する中、安全資産とされる金には「質への逃避買い」も入った。  ただ、米消費者物価指数(CPI)と卸売物価指数(PPI)の発表をそれぞれ14、15日に控えて様子見ムードも強かったほか、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペースの加速観測も金相場の重しとなり、上値は限られた。  金塊現物相場は午後1時35分現在、2.530ドル高の1327.375ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0