��������� | 2018年02月22日 01:39 JST

〔ロンドン金〕3日続落(21日)

 【ロンドン時事】21日のロンドン自由金市場は、ドル相場の続伸を嫌気して3営業日続落し、金塊相場は前日終値比6.445ドル安の1オンス=1329.86ドルで引けた。  この日はドルの上昇を眺めて安寄り後、1325ドル台に下落。その後はジリジリと値を戻し、午後に入ってドル売り優勢となった局面では金塊も1332ドルまで買われたが、引けにかけて再び下げ幅を広げた。  ロンドン・キャピタル・グループのアナリスト、ジャスパー・ローラー氏は「米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨公開を控えて、金塊市場は少しやる気がない感じだった」と話した。  金塊の寄りつきは1328.195ドル。午前の値決めは1328.60ドル、午後は1330.50ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.32 +0.39
NYMEX金先物 10月限 1206.6 -7.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 834.2 -5.5
NYMEXガソリン 9月限 2.0146 -0.0011
WTI ・・・ 70.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +5.25
シカゴ大豆 ・・・ 850.25 -0.5
シカゴコーヒー ・・・ 99.7 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0