貴金属 | 2018年03月09日 11:31 JST

〔週間見通し〕NY金、貿易戦争懸念和らぎ弱含みか=フジトミ・齋藤氏

 齋藤和彦・フジトミ情報サービス室チーフアナリスト=来週は、トランプ米大統領が正式決定した鉄鋼・アルミニウムの輸入制限措置に適用除外が設けられたことで「貿易戦争」への警戒感が和らぎ、安全資産とされる金は弱含む展開を予想している。ニューヨーク金先物の中心限月4月きりは1310~1330ドルのレンジを予想している。  大統領の決定により、ドル相場は上昇傾向が見込まれるほか、NY金は非鉄や原油など他の商品安の影響も受けそうだ。チャート上も、4月きりは20日移動平均線が通る1330ドル近辺で上値を抑えられており、弱地合いを見込んでいる。  9日には2月の米雇用統計の発表が予定されるが、3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げは既成事実化しており、NY金が大きく影響を受ける状況にはなりにくい。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.85 +0.8
NYMEX金先物 10月限 1198.5 +5.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 814.9 +8.6
NYMEXガソリン 9月限 2.0049 +0.0126
WTI ・・・ 69.82 +0
シカゴコーン ・・・ 343.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 814 +5.75
シカゴコーヒー ・・・ 96.25 +0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0