貴金属 | 2018年03月12日 18:25 JST

〔インサイト〕金現物、小幅安=株高が圧迫(12日)

 欧州時間12日朝の金現物相場は小幅安。米雇用統計でインフレや利上げペース加速への懸念が和らぎ、株価が上伸したことが金相場を圧迫した。  金現物は0734GMT(日本時間午後4時34分)時点で、0.1%安の1オンス=1322.10ドル。  香港のトレーダーは「株価の急伸で金の魅力が失われた。金市場にはそれほどの資金が流れ込んでいない」と述べた。  インフレ加速への懸念は弱まった。2月の米雇用統計によると、非農業部門就業者は前月比31万3000人増だった一方、平均時給の上昇率は鈍化した。  オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行のアナリスト、ダニエル・ハインズ氏は「9日に発表された米雇用統計は今週も影響を及ぼしている。2月の平均時給の上昇率鈍化が、利上げペース加速をめぐる懸念を確かに和らげた」と指摘した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51 +0.38
NYMEX金先物 12月限 1243.7 +4.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 782.1 +0.6
NYMEXガソリン 12月限 1.4189 +0.0135
WTI ・・・ 51.02 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 909.75 +2
シカゴコーヒー ・・・ 100.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0