貴金属 | 2018年03月14日 01:58 JST

〔ロンドン金〕反発(13日)

 【ロンドン時事】13日のロンドン自由金市場の金塊相場は反発した。1オンス=1326.035ドルと、前日終値比7.19ドル高で引けた。  金塊相場は夕刻にかけて上伸。午前中はドル高地合いの中でさえない値動きだったが、午後にトランプ米大統領がティラーソン国務長官を解任したと伝わると、米政治の不透明化を嫌気したリスク回避の買いが加速した。  金塊は、1319.425ドルで寄り付き、午前は1318.70ドルで値決めされた。午後の値決めは1322.75ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.43 +0.66
NYMEX金先物 8月限 1186.8 +3.7
NYMEXプラチナ先物 9月限 792.5 -7.2
NYMEXガソリン 8月限 2.0151 +0.007
WTI ・・・ 66.45 +0
シカゴコーン ・・・ 362 -3
シカゴ大豆 ・・・ 881.75 -5.5
シカゴコーヒー ・・・ 98.05 +0.8
CRB商品指数 ポイント 0 +0